チワワのドッグフードにおすすめなカナガンの特徴

ペディグリーで犬の食欲回復

犬の食欲がなくなってきたので、ウェットフードを与えてみることにしました。ウェットフードを与えようと思ったのは、ドライフードだと固くて食べにくいけれどウェットフードなら柔らかく手食べやすそうなことと、匂いがして食欲がそそられると思ったからです。

 

しかし、ウェットフードはしっかり栄養が摂れるのか心配です。そこで選んだものがペディグリーです。

 

ドッグフードには総合栄養食、間食、療法食、その他の目的食の4タイプがあります。毎日与えるものは総合栄養食です。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

総合栄養食はこれと水を与えれば犬が必要とする栄養を摂取できるものです。

 

ペディグリーのウェットフードは、AAFCOの基準をもとにウォルサム研究所の栄養学に基づいて作られています。

 

ウォルサム研究所は、コンパニオンアニマルの栄養学などを研究している研究所です。

 

ペディグリーは、ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質・炭水化物・水が犬に必要なようにバランスよく配合されています。研究結果に基づいて作られたウェットフードなので、しっかり栄養が摂れると安心して与えています。

 

ウェットフードには、成犬用、子犬用、7歳から用、11歳から用、14歳から用があり、成犬なので成犬用を与えています。

 

成犬用には6種類の味があります。いつも同じ味だと食欲が落ちてしまうかと思って、いろいろな味を与えています。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

特に気に入っているものがビーフです。犬が好むビーフの味がたっぷりとするそうで、いつも喜んで食べています。今まで食欲がなかったので、喜んで食べてくれてよかったです。

 

私がよいなと思うものは緑黄色野菜入りです。犬はもともと肉食動物なので、野菜の栄養が必要なのかわかりませんが、緑黄色野菜は犬の健康にもよい気がします。

 

ペディグリーには、ビーフ&緑黄色野菜、ビーフ&緑黄色野菜・チーズ入り、ビーフ&緑黄色野菜・レバー入り、チキン&緑黄色野菜、ビーフ&チキン&緑黄色野菜入りがあります。野菜だけだと犬が好まないだろうけれど、ビーフやチキン入りなので喜んで食べています。

 

ウェットフードはドライフードに比べて価格が高いのですが、ペディグリーにはまとめ買いに便利な3袋パックが販売されています。

 

普段購入するお店では、まとめ買いだと安く購入ができます。愛犬のためにはちょっと高くても購入をしたいのですが、やはりずっととなるとお財布の負担になります。

 

でも、安く購入できるので助かっています。犬にも人間にもうれしいです。

 

 


チワワのドッグフードおすすめ