チワワのドッグフードにおすすめなカナガンの特徴

ロイヤルカナンのドッグフードとは

ロイヤルカナンはフランス生まれのペットフードで、現在では92か国に製品を輸出し、11の工場を保有しています。

 

ロイヤルカナンは犬の特性を考慮してドッグフードを作っていて、そのブランドフィロソフィーを「ヘルス ニュートリション」と名付けてます。

 

ブリードヘルス ニュートリションは犬種ごとに14種類もラインナップされていて、犬種に合わせて栄養素やそのバランス、粒の形を変えているというきめ細かい配慮がなされています。

 

そんなロイヤルカナンをブリードヘルス ニュートリションのチワワ成犬用を例にして検証します。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

チワワの特徴はその体の小ささであり、鼻口部が短く顎の力も強くないので、大きい粒や固い粒のドッグフードは向いていません。

 

鼻口部が小さくて短いため、他の犬種に比べて嗅覚がするどくなく、家の中で飼われることが多いので飼い主の食べ物の方に興味を示し、

 

ドッグフードにあまり関心を示さないことがあるので、食欲があまり旺盛とは言えなくなってしまいます。

 

また、家に中での暮らしによって運動不足になり、腸の動きも鈍くなって腸内環境が悪化し、便の状態も悪くなってしまいます。

 

このようなチワワの特徴を考慮した上でロイヤルカナン ブリードヘルス ニュートリションのチワワ成犬用は作られています。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

チワワの食欲を刺激するために粒のサイズと形を工夫し、栄養成分、フレーバーも厳選しているということです。

 

超高消化性タンパク、食物繊維、高品質な炭水化物を配合することで健康的な消化を促しています。ポリリン酸ナトリウムを配合することでチワワの歯の健康も維持できます。

 

原材料を見てみると最初に米、とうもろこしが記載されています。米は穀物の中でアレルギーを起こしにくい方ですが、トウモロコシはアレルギーを引き起こしやすいやすいので、

 

穀物アレルギーを持つ犬には注意が必要です。

 

家禽ミートが使われていますが、鶏、七面鳥と具体的な名前が挙げられているのでここは安心です。酸化防止剤としてBHA、没食子酸プロピルが使われているのは心配なところです。

 

没食子酸プロピルには発がん性を心配する声もありますが、フランスの使用基準以下に抑えられているということです。

 


チワワのドッグフードおすすめ
BHAはブチルヒドロキシアニソールのことで天然由来の酸化防止剤ではなく、化学的な酸化防止剤なので発がん性や環境ホルモン作用の危険性があります。

 

ロイヤルカナンは犬種に合わせて作られていますが、粒の大きさなどは配慮がされていますが、原材料面では特別なものは使われていないという印象でした。

 


チワワのドッグフードおすすめ