チワワのドッグフードにおすすめなカナガンの特徴

私のドッグフードの選び方と犬種に合ったドッグフード

 

犬を飼い始めたばかりの人は、どんなドッグフードを与えてあげればよいかという悩みを持っているでしょう。

 

ドッグフードには様々な種類があり、自分の飼っている犬種に合ったものを選ぶのが良い方法です。

 

ドッグフードを選ぶときのポイントとなるのは犬のサイズです。

 

ドッグフードの分類としては大まかには大型犬用、中型犬用、小型と超小型犬用の3種類に分けられています。

 

犬のサイズによってカロリーや栄養素のバランスが調整されているので、自分が飼っている犬種が当てはまるものを探しましょう。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

 

 

自分が飼っている犬の年齢によってもドッグフードの選び方は変わってきます。幼少期の犬を飼っている場合は栄養素の高いドッグフードを選ぶと良いです。

 

このときに注意しておくことは消化と吸収でしょう。幼い時期の犬は食べたものの消化や吸収を行う能力が十分に備わっていない可能性が考えられます。

 

体の弱い状態で消化の悪いものを与えてしまうと体調を崩してしまう心配もあるので、気を付けておきましょう。

 

この消化と吸収についてはシニア犬を飼っている場合にも同じことが言えます。シニアと呼ばれる年齢になると消化や吸収を行う能力が弱まってきます。

 

なるべく食べやすく、消化と吸収に優れたものを選ぶのが賢明です。シニア犬の場合は骨や筋肉が弱ってくる可能性もあります。

 

骨や筋肉が弱まることを防ぐためにはカルシウムやタンパク質を多く含んだドッグフードがおすすめです。

 

シニア犬にはカロリーの低いものを与えるようにするもの大切でしょう。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

 

 

私が愛犬に食べさせているドッグフードは病気の予防を担ってくれるものです。

 

全ての病気を予防してくれるようなドッグフードではありません。

 

しかし、ドッグフードの選び方によって病気を予防できる確率は上がります。犬が発症する病気は犬種ごとに傾向があります。

 

例えば柴犬やシーズー、ゴールデンレトリバーといった犬種はアトピー性皮膚炎を発症しやすい傾向にあるので、皮膚炎の予防を行ってくれるような成分が含まれたドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

肥満になりやすい犬種を飼っている場合にはヘルシー志向が強いドッグフードを食べさせてあげる方が良いでしょう。

 

肥満になってしまいやすい犬種に対しては食事量の管理も徹底しておくと良い効果を得られやすいです。

 

とにかく自分の飼っている犬の健康状態を良くしてあげたいと考えている場合は無添加のドッグフードに注目してみるのがおすすめになります。

 


チワワのドッグフードおすすめ

 

 

 

このときのポイントは肉の材料が多いものを選ぶことです。

 

健康状態を良くするためには肉よりも野菜の摂取が良いのではないかと考えてしまうかもしれませんが、犬は野菜よりも肉の方が消化しやすく、栄養素を吸収しやすい傾向にあります。

 

特に穀物の消化は苦手なので、穀物を使用していないものを探しましょう。

 

他にも犬の苦手とする材料はあります。

 

粗悪な材料は犬にとって消化しにくいものですから、そのようなものが原材料として含まれていないものを選ぶ方が良いです。

 


チワワのドッグフードおすすめ